塗装屋ブログ

【施工事例】【屋根塗装】【遮熱塗装】横浜市戸塚区 S様邸外部改修工事の屋根塗装を行いました。(遮熱塗装 下塗り)

屋根塗装/外壁塗装/ベランダ防水のご依頼を頂いていました、横浜市戸塚区にありますS様邸工事の屋根遮熱塗装をさせて頂きました。

神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商を、お選び頂き誠にありがとうございます。この場をお借りして従業員一同、御礼申し上げます。

さて屋根用の遮熱塗料には色々な種類がありますが、今回施工させて頂きます日本ペイントさんの下塗り材は「パーフェクトクーラーサーフ」、上塗り材は「パーフェクトクーラーベスト」を使用します。

こちらの商品は、下塗りと上塗りをセットで使用することトリプル遮熱効果を発揮でき、従来の遮熱塗装のシステムより、遮熱効果が向上している商品になります。

また耐候性能もフッ素樹脂塗料よりは、落ちますがシリコン樹脂塗料よりも高く、値段はシリコン樹脂塗料とあまり変わらない、とてもランニングコストが良い塗料になります。
この下塗り材自体に赤外線反射顔料を使用することにより近赤外線反射効果を高めています。

また従来の下塗り材よりも熱伝導率を低減させる技術を採用しているので、従来の上塗りだけの遮熱塗料よりも高い遮熱効果を得ることが出来ます。さらにひび割れ追従性もありますので屋根材のクラックが起こりにくい優れものです。

←パーフェクトクーラーサーフの性能について!!

ただし、金属素材には塗装できない商品ですので、先に棟押さえ等の鉄部には錆止め塗料を施工しなくてはならないので注意が必要です。(錆止め塗装の様子)

信じたくないことですが、錆止めを先に塗装するよりも一緒に塗ってしまうことで、時間と手間を惜しむ悪徳業者もいます。施工の手順の間違いは、施工不良の原因にも繋がります。

未然にトラブルを防ぐことに繋がりますので、頼んでいる塗装業者さんへ確認する、下塗り等の現状写真を見せてもらうなど錆止め塗装を先行して施工しているか確認しましょう。
それでは下塗りをコロニアルに屋根前面に塗装していきます。

しっかりと乾燥時間を取って、上塗りを塗装していきます。その様子は次回のブログにアップさせて頂きますので、ご興味がある方は是非、見て頂けると嬉しいです。

弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。また相見積もりも大歓迎です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業50年近くの歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。