塗装屋ブログ

【施工事例】【外壁塗装】横浜市戸塚区 S様邸外部改修工事の外壁塗装/塗替えを行いました。(下地調整/模様合わせ・肌合わせ/クラック補修)

屋根塗装/外壁塗装/ベランダ防水のご依頼を頂いていました、横浜市戸塚区にありますS様邸工事の外壁塗装(塗替え)をさせて頂きました。

神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商のHPを、ご覧いただきまして、お選び頂き誠にありがとうございます。この場をお借りして従業員一同、御礼申し上げます。

さて、外壁材には大きく分けて4つの分類があります。

①サイディングの外壁
近年の住宅で、もっとも普及している。サイディングとは板状の外壁材の総称であり、窯業系・金属系などの種類があります。工業製品のため品質が安定しています。

②モルタルの外壁
吹付タイル仕上、リシン仕上、意匠性仕上等、様々な仕上げを行うことが出来ます。現場施工になるので、作業員の実力や品質管理で仕上りに差が出ます。

③タイルの外壁
タイル自体にも様々な種類がありますが、全般的に他の外壁材と比べて耐久性に優れている特徴があります。ただし。タイルの浮きや剥がれには注意が必要です。

④ALCの外壁
ALCとは軽量気泡コンクリートと言われるものです。断熱性・耐火性に優れています。ただし、防水性があまりないため、上に施工する仕上げ材に依存しているため耐久性の高い仕上げ材を施工することが望ましい。
今回、外壁塗装させて頂きました外壁は、既存がモルタル壁の吹付タイル仕上げの外壁でした。

高圧水洗浄にて、長年の汚れやコケ/カビを落とすだけではなく、既存塗膜の脆弱部分を除去して、モルタルが出てきた部分に、シーラーを塗布します。

シーラーには、塗布物と塗料の密着性を高める役割があるほか、下地に浸透して補強する効果もあります。また防藻・防カビ効果を持っている商品もあります。

仕上げ塗料の機能に注目しまいがちではありますが、仕上げ塗料の効果を最大限に発揮するためにも、シーラー(下塗り)は、とても大切な工程になります。

クラック(ひび割れ)には、簡単にクラックの幅により、2つに分けられます。

1つはクラック幅が0.3mm以上もの。もうひとつは0.3mm以下のヘアクラックと言われる髪の毛ほどの細さのクラック(ひび割れ)です。

今回はヘアクラックだったのでシーリング材をクラック(ひび割れ)に擦り込んで処理を行いました。

下地補修は外壁塗装を綺麗に仕上げるためには、とても重要な工程になりますので、丁寧にしっかりと施工させて頂きました。
弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。また相見積もりも大歓迎です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業50年近くの歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。