塗装屋ブログ

【施工事例】【コンクリート打放仕上げ】【外壁塗装】【特殊塗装】横浜市戸塚区 S様邸外部改修工事の外壁塗装/塗替えを行いました。(コンクリート打放模様仕上げ)

屋根塗装/外壁塗装/ベランダ防水のご依頼を頂いていました、横浜市戸塚区にありますS様邸外部改修工事のコンクリート打放模様仕上げをさせて頂きました。

神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商のHPを、ご覧いただきまして、誠にありがとうございます。この場をお借りして従業員一同、御礼申し上げます。

外壁のコンクリート打放仕上げ部分の塗装/塗替えを施工していきます。
コンクリート打放しとは、打設したコンクリートの型枠を外し、そのままの状態を仕上げとした技法です。皆様も街中で良く見ることがあると思います。

ただ本当に素地のままのコンクリートの状態では、雨等によるコンクリの中性化や劣化、汚れ、カビによる汚れがつきやすくいため、新築時にコンクリを保護するためのトップコートを塗ってあるものが一般的です。

外壁塗装/塗替えを行う際の、コンクリート打放面のメンテナンスとしては、そのまま塗料を塗ってしまいますと意匠性を損なってしまうため、その意匠性を損なわないように改修を行うことが理想です。
今回は高圧水洗浄を行い表面の汚れを除去したあとに、雨風による経年劣化によって表面が劣化している部分を補修してから、コンクリート模様を再現する工法を行いました。

また今回はコンクリート部分に欠損が発生しており、破損して鉄筋が見えている箇所が見受けられましたので、破損部分を撤去し、鉄筋に錆止めを塗布した上で、下地補修を行いました。

このような状況を「爆裂」と言います。コンクリートの劣化は、中性化、ひび割れ・鉄筋の錆および膨張によるものが相互に関連しあいながら発生します。

今回のように爆裂が発生している場合は、まず腐食鉄筋の適切な処理を行った後、欠損部分を補修する必要があります。

既存のコンクリート脆弱部分の処理と鉄筋の錆の除去とさび止め処理を、しっかりと行わないと、錆が膨張して爆裂が再発してしまいますので注意が必要です。

弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。また相見積もりも大歓迎です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業50年近くの歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。