塗装屋ブログ

【外壁塗装】こんな症状が出たら塗り替えサイン

■塗り替えの必要性
塗膜は年月が経つごとに劣化し、何らかの欠陥を起こして美観・保護の機能を失います。塗替えによって欠陥を未然に防ぎ美観・保護の機能が失われる前に再生させましょう。

■塗り替え時期の診断
屋外の場合、塗膜の外観から劣化度合いを判断するには、一般的に光沢が消える→白亜化(チョーキング現象)→割れ発生→剥離と進行していきます。この現象の白亜化~わずかに割れの発生する段階が塗り替えに最も適切と判断してよい時期です。光沢が消えてきて美観が悪くなってきたからすぐに塗り替えとか、塗膜が剥がれてしまったから塗り替えようとすればコスト面と建物の耐久年数の保護の釣り合いが悪くなります。あくまで自然経過での目安なのでそのほかにもいろいろな要因での塗り替え判断は必要になってきます。そのほかの要因も何点かご紹介していきます。

・目地のひび割れ・剥れ

目地にシーリング材が使用されているサイディング壁は、10年を過ぎてきますと、目地部にひび割れ・剥れが目立ち始めます。紫外線や雨、風、熱により、樹脂が収縮と膨張を繰り返し、次第に弾力性が失われていくのです。 こうした防水機能のない目地は、内部に雨を浸入させてしまうので補修が必要です。 右の写真は、サイディングの挙動によりシーリング材が破断した例です。

・変色・色落ち・汚れ
雨、紫外線、熱、風により、塗装面に劣化が起こり、塗料の本来の機能が低下し、更なる劣化へと進んでしまいます。立地条件にもよりますが、耐候性の高い塗料を塗る事をお薦めします。

・カビ・コケ
立地条件により左右され、日が当たらない湿度の高い場所では、カビが繁殖し、光が届く場所では藻やコケが繁殖することもあります。不快感であったり、美観も損なわれる他、防水効果の低下にも影響を及ぼします。薬剤を使って除去しても除去しきれなかったり、かえって壁を傷めてしまったり、跡が残ってしまう事もあります。防カビ効果の高い塗料で塗り替える事をお薦めします。