塗装屋ブログ

【屋根塗装】施工から完了までの流れ

屋根塗装の基本工程は、「高圧洗浄」「下地シーラー」「タスペーサー挿入」「中塗り」「上塗り」の各工程からなってます。
■施工から完了までの流れ
1.高圧洗浄
まず最初に、高圧洗浄を行っていきます。

屋根にはコケ・カビなどが大量に発生している場合が多い為、すべて高圧洗浄で除去していきます。 一般的に屋根の場合、勾配があり、コケやホコリなどが濡れると非常に滑りやすくなっているので、 足元にも注意し、周りへの飛散にも気を配りながら施工していきます。

2.下地シーラー
下塗りに使われる材料は劣化したコロニアル屋根の下地強化のために浸透型シーラーを使います。コケや強い紫外線により屋根の下地はかなり脆弱になっていることが多いです。

3.タスペーサー挿入
下塗り完了後、水の侵入を防ぐため、コロニアルの重なり部分にタスペーサーといわれるプラスチック製の部材を挿入する。タスペーサーを入れることで隙間を広げ毛細管現象で水が侵入することを防ぎます。

4.中塗り
下塗りが完了したら、中塗り工程に入ります。

中塗りは耐候性、防藻性に優れた材料を使います。屋根は建物の外部では一番の厳しい天候条件の箇所です。塗料も天候状況に合わされて作られているので必ず屋根の専用か特殊塗料を用いましょう。

5.上塗り
中塗り材と同じ材料を塗布していきます。耐候性、美観を高めます。

■ 池田興商の安心ケアサービス
コロニアル屋根の登頂部には鉄製の雨押させを木部に打ち付けて抑えています。屋根はとても温度変化が大きいので鉄と木の収縮率の違いで釘が抜けてきます。そんな釘も見逃さず、きちんと補修いたします。