塗装屋ブログ

【屋根塗装】どんな塗料を使うの?

屋根は天候条件が厳しいことと建物の中の温度にも影響を与えます。そのため屋根材には遮熱塗料が近年急増しています。
ウレタン樹脂/シリコン樹脂(上塗り塗装)
一般的に、屋根には壁など以上の耐候性が求められます。その為ただのアクリル樹脂塗料を塗ることは現在ではとても稀です。耐候性の強いウレタン・シリコン・フッソ樹脂なかでもコストパフォーマンスのよいシリコンが主流となっています。水性と油性がありますが油性の方が同程度の値段では耐候性が強いため、塗替えの際ほとんどが油性を選択します。しかし下地の状態により油性では不具合が発生する場合に水性で塗ることがあります。

主な商品名:[油性]屋根フレッシュ/ヤネフレッシュSi [水性]水系カスタムシリコン/水系シリコン

・遮熱塗料(特殊塗装)
普通物体は受けた熱を反射・吸収をします。それにより屋根が吸収した熱は建物を通して室内の温度を上昇させます。そこで反射率を高めることで熱を吸収させず断熱性を高めます。また、最近の塗料では反射材のセラミックを小さくして反射表面積を多くして熱を分散させて排出する塗料もでてきています。

主な商品名:シャネロック/クールタイト/アドグリーン/ガイナ

断熱塗料(特殊塗装)
前記した遮熱塗料は熱を反射するのに対して、断熱は熱を通さない・逃がさないものとなります。夏は外の温度を通さず涼しく、冬は中の熱を逃がさず暖かい。まさに理想の塗料です。しかし今現在で断熱効果をうたっている材料はここ数年で出てきたものばかりで実験耐候性テストでは結果が出でいますが、実際に住宅に塗装をした際の効果の継続性や塗り替え目安の期間がどれくらいなのか対費効果がどの程度出てくるのかまだわかっていません。

主な商品名:ガイナ/アドグリーン/ロハスコート