塗装屋ブログ

【施工事例】【外壁塗装】横浜市戸塚区にありますアパート外部改修工事の外壁塗装を行いました。

外壁塗装のご依頼を頂いていました、横浜市戸塚区にありますアパート外部改修工事の外壁の塗装工事をさせて頂きました。(前回の作業の様子はこちら)

この度は神奈川県内、横浜市戸塚区に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商のHPをご覧頂き、誠にありがとうございます。この場をお借りして御礼申し上げます。
←下塗り施工中!!

今回の外壁は、軒天と一緒でモルタルの上に、アクリル系の材料を吹付して玉模様をしている上に、塗装されている外壁です。

外壁は住まいの顔と言えます。

外観を美しく見せる一方で、風雨や太陽光線、気温の変化などにもさらされ、汚れや劣化が進みやすい環境にあります。

また一般的な木造住宅は地震や振動によりひび割れを起こし、水が浸入して内部が腐食、なんてことにならないために、定期的に適切なメンテナンスが必要です。

モルタルの外壁で目につきやすいトラブルはひび割れ(クラック)です。

ご依頼頂いた建物にはクラックは見受けられませんでしたが、木造の建物は地震や振動により建物が動きます。

そのため、ひび割れを起こさないよう弾性力のある塗料の日本ペイントさんが出している「パーフェクトフィラー」を下塗りに使用しました。
←上塗り1回目の様子!!
今回、上塗りに使用した塗料は「パーフェクットトップ」という材料です。

こちらの商品は、ラジカル制御型の塗料になり、シリコン樹脂塗料より耐候性が高く、透湿効果もあります。

このラジカル制御型の塗料が凄いのは、性能が高くなっているのにシリコン樹脂塗料と値段が大きく変わらないので非常にコストパフォーマンスがいいんです。従来のシリコン樹脂塗料より、1~5年も期待耐用年数が高く見積もられています。

ラジカル制御型塗料は、市場に出てきたばかりで、実績がないからデメリットという話を聞くことがあります。

確かに、その可能性がないとは言えません。ですが、日本ペイントさん等の日本の大手塗料メーカーさんは、JIS規格という厳しい第三者認証である日本の国家規格をいくつもの商品で取得しております。

そんなノウハウの蓄積ある塗料メーカーさんが市場に投入するのですから、そのデメリットは限りなく低いと弊社では考えています。

もし実績がないとうのであれば、そういった第三者認証をしている商品がない新興メーカーさんのような自社試験のみで、20年持ちますや30年持ちますといっている塗料のほうが注意をする必要があります。

本記事の読者の皆様がリフォーム/外壁塗装で役立ち、信頼できる業者を選べる手助けになれば幸いです。
←上塗り2回目!!

塗料の説明は、ここまでにして、しっかりと上塗り2回目を施工していきます。

丁寧に塗装し外壁を塗膜で保護することで、太陽による紫外線や雨風による劣化を防ぎ、美観も向上させることができます。定期的なメンテナンスはとても大切です。

弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。お見積りだけでも大歓迎です!!

ご自宅の外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水遮熱塗装・断熱塗装等の特殊塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業50年近い歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。