塗装屋ブログ

【施工事例】【屋根塗装】【遮熱塗装】横浜市戸塚区 S様邸外部改修工事の屋根の縁切り(タスペーサー)を行いました。

屋根塗装/外壁塗装/ベランダ防水のご依頼を頂いていました、横浜市戸塚区にありますS様邸工事の屋根塗装/縁切り(タスペーサー)をさせて頂きました。

神奈川県内、横浜(戸塚区)に数ある塗装・外壁塗装・屋根塗装・防水業者から、池田興商を、お選び頂き誠にありがとうございます。この場をお借りして従業員一同、御礼申し上げます。

←タスペーサー挿入!!

屋根の補修と鉄部の錆止め塗装(前工程の様子はこちら!!)が完了したので、縁切り作業(タスペーサー)を挿入していきます。この縁切り作業は、屋根塗装を行う際に「雨漏り防止」と「内部結露防止」をする上で、とても重要です。
屋根材は、新築時に上下かさなり部に隙間があり、雨水の排出、屋根材裏面の通気がある 程度できるようになっています。
屋根を塗装する場合、塗料で屋根材上下かさなり部を密着させてしまうことがあり、屋根材のジョイント部分や重なり部分から浸入した雨水が排出できなくなり、屋根材裏面に水分が溜まってしまい、毛細管現象も発生させてしまう事があります。

←毛細管現象を分かりやすくしたイメージ図

毛細管現象とは:すきまのような細い空間に重力や上下左右に関係なく液体が浸透していく現象。
きちんとした縁切り作業がおこなわれていないと、屋根野地板の腐朽や雨漏りの原因を引 き起こす事があります。

←縁切りのイメージ図

また従来の工法である皮スキやカッターなどで縁切りを行いと、仕上げた塗膜が剥がれてしまう不具合や、屋根材末端部が破損し毛細管現象を引き起こす原因になることもありました。

また塗装完了後に行うため、翌日などに縁切りした場合でも、屋根材裏面に入り込んだ塗料が完全に乾いていない場合が多く、再び重なり部が密着してしまうことがあったり、使用する塗料または時期や天候によっては、二日後でも縁切りができない場合もあります。

そのため時間と手間がかかり、お客様のコスト増加につながってしまします。

弊社では、そういった従来の縁切りの問題点を解消した、株式会社セイムさんが販売しているタスペーサー使用することで、縁切り作業の手間と時間短縮をにより、コストの低減と安心な縁切りを行っております。

弊社では、お見積り・診断は無料です。1級塗装技能士・樹脂注入技能士・1級建築施工管理技士のトリプル国家資格を持った者が責任をもって対応させて頂きますので是非ご相談ください。また相見積もりも大歓迎です。

ご自宅のリフォーム・外壁塗替え・屋根塗替え・外壁塗装・屋根塗装・屋上防水・ベランダ防水・遮熱塗装・断熱塗装の際には、是非、横浜・川崎・藤沢・鎌倉で創業50年近い歴史を持つ、池田興商までご連絡下さい。